訪問看護ステーション

訪問看護とは
在宅で生活されている疾病・障害をお持ちの方やご高齢者が、できる限り自立した暮らしを営めるよう、訪問看護ステーションは皆さんの療養生活を支援しています。

訪問看護の1日

09:00 ミーティング

訪問看護 2-3軒

12:00 休憩

訪問看護 2-3軒

16:00 記録報告


ステーションインタビュー

訪問看護は病院勤務とは異なり、たった一人にフォーカスできることが魅力の仕事です。

病院の医師は病を診ますが、訪問看護は人生や暮らしを看ながら、現場で自分で判断し、医療技術を提供します。こうした特性から、訪問看護は高度な知識と技術が求められる”看護師の終着点”だと(以前は)捉えられていました。

しかし現在は、疑問があればオンラインで直ぐにチームや先輩に訊くこともできます。そのためのサポート体制は整っていますし、医療事務介護士、看護師など、職位が異なる誰もが人として等しく受け入れられている良好な対人環境を、とても大切にしています。

居心地のよい” 人間関係の下では、些細な情報も取りこぼしなく共有されるもの。その素地があればこそ、しっかりとした医療サービスを提供できると考えています。

また、互いに親しく関わる側面がありながらも、同時にテレワーク化できる部分については、自由度をもって動くことができる(注*参照)ようになりました。


訪問看護ステーション
所在地〒354-0033
富士見市羽沢1-31-6 スカイマンション藤205
TEL049-265-3211
FAX049-265-3503